MAZDA6のグレードを比較してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MAZDA6には2種類のボディタイプがある

今回は勝手なイメージですが、髪は短め、髭は綺麗に整えられ、白のジーンズにサングラスを掛けている「ちょい悪おやじ系」の人が乗ってそうな『MAZDA6』にスポットを当てていこうと思います。
昨年(2019年)8月に「アテンザ」から「MAZDA6」に車名変更したのは記憶に新しいのではないでしょうか。

MAZDA6はMAZDA3より車格が高いので、すれ違う時や前方を走っている時なんかは常にお辞儀をしています。
嘘です。

セダンのイメージが強いMAZDA6には、実はワゴンタイプもあります。



引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/?car_id=mazda6-sedan

では、この2種類のタイプの大きさを比較してみましょう。

車種 MAZDA6 セダン MAZDA6 ワゴン
全長(mm)4,8654,805
全幅(mm)1,8401,840
全高(mm)1,4501,480
ホイールベース(mm)2,8302,750

セダンの方が長く、ワゴンの方が背が高いということが分かりました。

ボディ形状の違いはありますが、基本的に装備機能の違いはありません。(但し、セダンタイプでは電動リアウィンドーサンシェードが装備可能、リアルーフスポイラーが標準装備など一部装備に違い有り

MAZDA6のグレード構成

MAZDA6には、2.0ℓノンターボガソリンエンジンの「20S」と「20S PROACTIVE」が、2.5ℓのノンターボガソリンエンジンには「25S L-Package」が、さらに新たに追加された2.5ℓのガソリンターボエンジンには「25T S Package」が、2.2Lディーゼルターボエンジンには「XD」「XD PROACTIVE」「XD L Package」がラインナップされています。

ガソリン車は2WD(FF)仕様のみ。
ディーゼル車は、2WD、4WDどちらか選択できます。

上位グレードの「XD PROACTIVE」「XD L Package」ではATかMTを選択できますが、ベースグレードの「XD」はATのみでMTを選択することはできません。

グレード構成はセダン、ステーションワゴン共通です。

MAZDA6のグレード比較

では、各グレード別に見ていきましょう。

ベースグレード『20S』・『XD』

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

ベースグレードとなるこのクラスでも、最近よく耳にする「サポカーSワイド」に該当する技術が標準装備されています。

『被害軽減ブレーキ』アドバンストSCBS
前方の歩行者や先行車をカメラで検知し、ブレーキを自動制御して衝突回避のサポートをします。

『AT誤発進抑制制御』前進時
停車時や徐行で、前方に障害物があるにも関わらずアクセルが一定以上踏み込まれた場合に、急発進を抑制します。


『先進ライト』ALH・HBC
複数に分割したLEDを個別に自動点灯/消灯し、面倒な操作なしに夜でも見やすい前方視界を作り出します。

『車線逸脱警報システム』LDWS
車両がその車線を踏み越える可能性があると判断すると、ドライバーに注意を促します。

引用 https://www.mazda.co.jp/purchase/support_car/

この他にも、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「交通標識認識システム(TSR)」などが標準装備されているので、十分このグレードでも満足できる感じですね。

ベースグレードを更に充実させた『20S PROACTIVE』・『XD PROACTIVE』

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

このクラスになると、ベースグレードから更に安全装備が充実します。
「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」や「レーンキープアシスト」が標準装備になったり、「360°ビューモニター」をメーカーオプションでつけることも可能となります。

また、ベースグレードでは「ハイビーム・コントロールシステム(HBC)」が標準装備なのに対し、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」にアップグレードしています。
LEDを細かく制御することによって、夜の視認性アップにつながると言われています。

その他、「運転席10Wayパワーシート&シートメモリー機能」、「ステアリングヒーター」、「運転席&助手席シートヒーター」が標準でついてくるなど至れり尽くせりです。

価格
20S(税込)2,893,000円
20S PROACTIVE(税込)3,091,000円

価格差198,000円(税込)になります。

う〜ん、20万の差なら全然ありですね〜

車内がゴージャス『25S L-Package』・『XD L-Package』

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

ディーゼルタイプでは、このクラスが最上級になります。
PROACTIVEからどんな装備が追加されるのでしょうか?

自動防眩ルームミラーがフレームレスになり、IR(赤外線)カットガラスと電動リアウィンドウサンシェードが標準装備になります。

また、助手席もパワーシートになり、運転席&助手席には「シートベンチレーション」と「シートヒーター」が標準装備されます。
更にリア左右のシートにまでヒーターが付いてくるという笑。

細かい所だと、グローブBOXの中が植毛加工されたり、レバーがブラックからサテンクロームメッキになったり、足元やドアポケットにLED間接照明が施されていたりするようですね。

価格
20S PROACTIVE(税込)3,091,000円
20S L-Package(税込)3,635,500円

価格差は544,500円になります。

いきなり跳ね上がりますね〜><

新たに追加されたグレード『25T S-Package』

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

このグレードはガソリン車のみに新たに設定されました。
専用のブラックレザーインテリアや19インチのアルミホイールはブラックメタリック塗装に仕上がっています。

その他、「360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」と「CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー」が標準で装備されます。
装備の違いはこの程度ですが、やはりターボエンジンにパワーアップしているので価格差もそれなりです。

価格
20S L-Package(税込)3,635,500円
25T S-Package(税込)4,317,500円

価格差は682,000円(税込)です。

MAZDA6グレードまとめ

個人的にはベースグレードに20万プラスしてガソリン車の「20S PROACTIVE」がベストかと感じました。
ただし、ガソリン車に4WD設定がないのが残念ですね〜。

最上級グレードはさすがに手が出ませんが、ベースグレードが300万円切っていたとは知らなかったので少し意外でした。
それにしてもMAZDA車は美しいですね〜。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました