MAZDA3で津軽半島最北端の竜飛崎に行ってきた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今別町になる高野崎キャンプ場

MAZDA3が納車されて初のロングドライブです。
今回は津軽半島最北端「龍飛崎」まで足を伸ばしたいと思います。
青森市からむつ湾沿いを走り片道およそ2時間ほどの旅です。

旅ルート

青森市を出発してまず最初に立ち寄ったのは「高野崎キャンプ場」。
お盆の14日というわりには車が少ない。。。

午前9時半くらいだったのでこれから混んでくるのかな?
50台は余裕で停めれそうな広さの駐車場なので、適当に車を停め、緑の広場を海に向かって歩きます。
それにしても風が強い。

少し歩くと灯台?の脇に階段があるので、向かい風をまともに受けながら下ります。
真っ青な水平線が目の前に広がります。風は強いですが心地いい〜。

岩場まで下りると真っ赤な2つの橋が岩場を挟んで続いてました。
橋を昇降する際に吹き抜ける風がめちゃくちゃ強くて、体ごと飛ばされるんじゃないかという不安さえありました笑。お立ち寄りの際はお気をつけください。
もう少し天気が良ければインスタ映えする景色じゃないでしょうか〜。(インスタやってないけど、、、)

久しぶりに間近に海を見ました。心が洗われるようです。
たまにこういう時間を取ろうと決意。

津軽海峡冬景色で有名な津軽半島最北端「龍飛崎」

高野崎を後にして次に向かったのは「龍飛崎
高野崎も風が強かったけど、ここ龍飛崎はさらに強い。洋上風力発電ならここでしょ!って感じです。

駐車場は満車状態(30台ほどしか停めれない)だったけど、ちょうど出発する車とタイミングが合い待ち時間ゼロで駐車することができました。(ラッキー)
自分の車の後ろにも10数台並んでいたので混み混み状態でした。駐車場に併設されているお土産売り場をグルっとして、まずは灯台へ向かいます。

灯台へ向かう途中、何気に駐車しているナンバーを見ると「秋田」「仙台」「名古屋」「横浜」などなど9割型県外ナンバーでした。
お盆で帰省しているのか、そもそも観光客なのか分かりませんがとにかくお盆の龍飛崎は混むということが分かりました。灯台の更に奥に人集りがあるので行ってみます。

雲が多かったけど、うっすらと北海道が見えました。
しかし、この大海原の下に青函トンネルがあって新幹線が走っていると思うとロマンを感じますね〜。

ちなみに小学校の時の修学旅行は青函連絡船北海道の旅だったんです。
だから姉の思い出話や、1個上の先輩からイルカと並走しながら走る船の上からの写真とか見せてもらって凄く羨ましかったんですよね〜。早く自分もイルカ見たいな〜と幼心に。。。
どちらかというと「船乗りて〜!!」の方が強かったかな?笑。
お察し通り、我々の代から青函トンネルでの移動になりました。ほぼトンネルの中だから暗い記憶しか残ってません泣。なぜ?なぜ?
あまり便利になるのも良くないっす。

なんだかんだで11時頃になっていたので、そろそろ移動しようと思い駐車場に向かうと小高い丘の上にお店らしき建物があるじゃないか。

あれはなんだ?
興味本位で近づいてみるとレストランでした。龍飛崎という看板しかないので分からないで帰る人いそうな気がする。。。てか絶対分かんないでしょ。

あまり期待せず中に入るとめちゃ混み、まさしく大繁盛店ですわ。
せっかくなんでここで昼食をとりましょう。注文したのは「鮪唐揚げ定食」1,000円。ボリューミーなマグロにご飯。味も量も抜群。ご馳走様でした!!ウニ丼、2色丼、マグロ丼など色んなメニューがありましたよ。

全席津軽海峡を一望できるレイアウトになっているのは最高の一言です!
外観からは想像できない青森のおすすめスポットですね。

昼食後、「階段国道339号」と「津軽海峡冬景色の歌が流れることで有名な石碑」にも立ち寄ったんですがまさかのピンボケ写真しかありませんでした。なんてこった。。。

凄い人集りだったし、何枚も撮る余裕もなく動きながらのシャッターだったからと言い訳してみる。
近いうちに竜泊ライン〜十三湖のドライブも予定してるので、その時に立ち寄りたいと思います。

本州最北端の新幹線駅「奥津軽いまべつ駅」

龍飛崎を後にし、最終目的地「奥津軽いまべつ駅」を目指します。30分程で到着です。

2016年3月に開業したこの駅は本州最北端の新幹線の駅で、青森と北海道を結んでますが実はこの駅「JR北海道」が管轄してるそうなんです。
本州にある唯一の「北海道の駅」でもあるんだそうです。そう思うと不思議ですね〜
さらにこの駅乗車客数が1日約50人ほどしかない、「日本一乗客の少ない新幹線の駅」でも有名らしいです。少ない利用客なのにも関わらずこの駅が必要な理由として、貨物列車と新幹線との兼ね合いや、保守車両の点検なんだとか。

周辺には総合体育館道の駅「アスクル」くらいしかないので、時間を潰すにはなかなか難しい場所ですがJRレンタカーが機能してる(ノボリがあった)ので、ここを拠点に龍飛崎や高野崎キャンプ場などへ足を伸ばしてみるのもいいのではないでしょうか。

MAZDA3で津軽半島最北端の竜飛崎 まとめ

今回の旅は何も計画性がなく朝起きて、「よし!旅ブログ書こう!」と思い、とりあえず北に車を走らせただけの旅です実は笑。旅ブログの編集の練習をしたかったので。大目に見てください

MAZDA3という相棒ができてからドライブすることが凄く楽しくなりました。
これは本当です!!

青森にはまだまだ素晴らしい景勝地や観光地があります。
微力ではありますが青森の良いところを紹介し、少しでも多くの人を青森に呼び込みたいと思ってます笑。
ブログの質も上げれるように日々勉強します!おっさんでもやれば出来ることを証明したい。

嫁ちゃんに一眼レフ欲しいって勇気を出して言ってみるかな。。。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました