MAZDA3 PROACTIVEとPROACTIVE-Touringを比較してみた編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MAZDA3のPROACTIVEはミドルグレード

前回は、15Sと15S-Touringの比較をまとめてみましたが、今回はPROACTIVEPROACTIVE-Touring-Selection(以下PROACTIVE-T)の比較をしてみようと思います。


引用 https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/?car_id=mazda3-fastback

PROACTIVEというグレードはMAZDA3ではミドルグレードに位置し、この装備をより充実させたグレードがPROACTIVE-Tになります。

また、PROACTIVE、PROACTIVE-TともにSKYACTIVE-G 1.5以外(SKYACTIVE-D 1.8、SKYACTIVE-G 2.0、SKYACTIVE-X)のグレードで選択でき、またファストバック/セダンともに選択できるので、幅広い組み合わせが可能となっています。

その分、標準装備、メーカーオプションが複雑になっていて、個人的には一番ややこしいグレードというのが正直な感想です。

選択肢が増えるということは、消費者にとって望ましいことだと思いますが、ここまで細分化されると正直売り手側も勉強が大変かと思います笑。

MAZDA3 PROACTIVEの装備について

冒頭でもお話した通り、PROACTIVEは1.8D、2.0Gともに選択することができますが、着火方式が異なるだけで装備の差はなく基本的に燃費と車両価格の差になります。(ただし、2.0Gでは4WDは選べない)
今後発売予定のSKYACTIVE-Xでも、このグレードは選択可能です。

燃費で比較すると、2.0GのWLTCモード燃費(15.6km/L)に対して、1.8Dでは(19.8km/L)。
タンク容量はともに51Lだから、単純に考えると満タン走行すると200kmもの差が出てしまいますね〜。
う〜ん、なかなかデカイ、、、

車両価格は、2.0D (FF)2,515,741円(税込)に対して、1.8D(FF)2,790,741円(税込)なので、価格差 275,000円になります。

給油のランニングコストや定期交換部品(オイルやオイルエレメントなどは一般的にディーゼルの方が高いと言われている)などを考慮したり、パワー/トルクを考慮したり、ここは悩むポイントですね。

ではPROACTIVEの主な標準装備からみていきましょう。
と言っても、かなり幅が広いので自分が購入した15S-Tの標準装備と比べてどれくらい充実しているかみていきます笑。

15S-Tにはない装備(※15S-Tではメーカーオプションでも設定できない)

◆ 車載通信機(コネクティッドサービス)
※車とMAZDAがネットワークで繋がり、24時間365日カーライフをサポートしてくれる

◆ 前側方接近車両検知(FCTA)
※交差点へ侵入するとき、左右前方の死角から接近する車を検知し警告音で知らせてくれる

◆ アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
※夜間走行時、ヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させる

◆ 交通標識認識システム(TSR)
※走行中に認識した交通標識を、アクティブ・ドライビング・ディスプレイとメーターに表示し、見落とし防止を図ってくれる

◆ ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプ

◆ LEDリアコンビランプ
※いわゆる丸目4灯。15S-Tは2灯

◆ デイタイム・ランニング・ライト(DRL)
※イグニションONで自動で点灯させる

◆ 自動防眩ルームミラー

◆ 自動防眩ドアミラー機能(運転席側)

◆ ステアリング シフトスイッチ


なぜか15S-Tでは標準装備なのに、PROACTIVEではメーカーオプション装備

◆ スーパーUVカットガラス(フロントドア)
◆ IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
◆ CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

まあ〜トータルしても49,500円なんですがね。

15S-Tと比較すると、かなりの装備が追加となり見た目(リアコンビランプの4灯やヘッドランプの形状)も若干変わってきます。
そもそも15S-Tでは、メーカーオプションでもこれらの装備はつけることができませんからね、、、
格が違います泣。

また、何と言っても一番の違いは車載通信機があるかないかですよね!
万が一の事故の際には、オペレーターからアドバイスを受けれたり、ロードサービスの手配をしてもらったり、My MAZDAアプリを通じて、燃料の残量や走行距離を確認できたり、ドアの施錠状態やランプ類の消し忘れなども確認できるそうです。

PROACTIVEすげーわ〜泣。羨ましい〜〜、、、

MAZDA3 PROACTIVEーTの装備について

PROACTIVEの装備だけでもすごいのに、PROACTIVE-Tになると更にどんな装備が追加されるのでしょうか?

PROACTIVEから追加される装備

◆ クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
※追従走行機能とステアリングアシスト機能により、高速道路などの渋滞時に運転の軽減をサポートしてくれる。マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)には、ステアリング機能はない。

◆ スーパーUVカットガラス(フロントドア)

◆ IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)

◆ リバース連動ドアミラー機能
※バック時、助手席側のドアミラーが連動して下方に動き、リヤタイヤ付近を映してくれる。てか必要あるのか?

◆ ステアリングヒーター

◆ フロントシート 運転席パワーシート

◆ フロントシート シートヒーター

◆ CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

 
PROACTIVEにメーカーオプションでこれらの装備は設定することはできますが、それにしても結構な数の装備がPROACTIVE-Tには標準で備わってますね〜。

価格は、20S PROACTIVEが2,515,741円(税込)、20S PROACTIVE-Tが2,636,741円(税込)なので価格差121,000円となります。

◆ スーパーUVカットガラス(フロントドア)◆ IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)◆ CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)の3機能だけでも49,500円します。

7万円でパワーシートやシートヒーター、ステアリングヒーターやCTS装備がついてくると考えれば、かなりお得な買い物になるんじゃないでしょうか?
細かいオプション価格が載ってる資料がないので勝手な予想になってしまいますが、、、

ちなみにPROACTIVE、PROACTIVE-Tのメーカーオプションを細かく見ていくと、16インチホイールにサイズダウンできるオプションもありましたが、わざわざする人いるのかな?

MAZDA3「PROACTIVEとPROACTIVE-Touring」まとめ

お金があれば1.8D PROACTIVE-Tの4WDが欲しかった〜〜〜泣。
車両だけで300万オーバーしちゃうので断念しましたが、、、

それにしても、このクラスになると海外のCセグメントタイプと比較しても遜色く、むしろ勝ってるんじゃない?って思えるほどのクオリティだと思います。

それにしても12万円という微妙な価格差が悩ましいですね〜。
なくても困らないけど、あったら便利機能がPROACTIVE-Tにはありますからね〜。

なにはともあれ、どんなグレードでもMAZDA3はMAZDA3なので、自分はグレードにとらわれず楽しく、そして大切に乗っていきたいと思ってます笑。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました