MAZDA3 FBとCX-30を比較してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は 2019年5月に発売された「MAZDA3」と、2019年9月に発売された「CX-30」の比較をしていきたいと思います。

今回は分かりやすいように、どちらも同じ「SKYACTIVE-G2.0 20S  PROACTIVE」というグレードで比較していきたいと思います。

 MAZDA3及びCX-30のグレード比較についてはこちらから!

ボディサイズについて

では、ボディサイズから見ていきましょう。

< MAZDA3 FB>

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/?car_id=mazda3-fastback

< CX-30>

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/interior/

車種 MAZDA3 20S PROACTIVECX-30 20S PROACTIVE
全長(mm)4,4604,395
全幅(mm)1,7951,795
全高(mm)1,4401,540
ホイールベース(mm)2,7252,655
車両重量(kg)1,3601,400

全長は MAZDA3の方が6.5cm長く、全高はCX-30の方が10cm高い。
ホイールベースは MAZDA3の方が7cm長く、重さはCX-30の方が40kg重い事が分かりました。

ボディサイズに違いはあるものの、最小回転半径がどちらも5.3mなので取り回し的なことでいうと同じなんでしょうね。

燃費について

燃費についてはどうでしょうか?

車種 MAZDA3 20S PROACTIVECX-30 20S PROACTIVE
WLTCモード燃費 (km/L)15,214,8
市街地モード(km/L)11,711,7
郊外モード(km/L)15,414,8
高速道路モード(km/L)17,316,7

MAZDA3の方が軽い分、多少燃費がいいみたいですがほんと微差ですね。
もちろんディーゼル(XD)やSKYACTIVE-Xでは数値は違いますのであしからず…

セーフティ(安全装備)について


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/safety/

「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」、「交通標識認識システム(TSR)」などといった安全装備について相違はありません。

※20S PROACTIVEでは「ドライバーモニタリング」、「360°ビュー・モニター」、「クルージング&トラフィックサポート(CTS)」はメーカーオプションになります。

視界について

「デイタイム・ランニング・ライト(DRL)」、「LEDヘッドライト」、「オートライトシステム」など視界についての機能もほぼ一緒なんですが、唯一「ヒーテッドドアミラー」が MAZDA3では4WD車のみの設定になっていることです。
なぜ差別化した?

自分が乗ってる MAZDA3 15S Touring AWDにも「ヒーテッドドアミラー」がついてますが、冬はほんと重宝しますよ。
リアウィンドーデフォッガースイッチと連動してて、ONにすると結構早い段階(2分くらい?)するとミラーの水滴がなくなるのが分かります。

※20S PROACTIVEでは「スーパーUVカットガラス」、「IRカットガラス」、「リバース連動ドアミラー」はメーカーオプションになります。

インテリアについて

ステアリングやシート周りの機能についてもほぼ相違点はありませんが、CX-30のみリアベンチレーターが備わっていることに気付きました笑。
マジかっ!これは知りませんでした。

ファミリー層をターゲットにしてるからか?
さすが流行りのSUVは違うぜ!

その他機能について

他に相違点がないかカタログを眺めていたらありました!
CX-30のバックドアがパワーリフトだということ。


引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/interior/functionality/

そういえば試乗した時に、ボタン押した記憶が蘇ってきた…

それから MAZDA3ではメーカーオプションで16インチにダウングレードできるという謎仕様がある事が判明しました。

価格について

最後に気になる価格を比較してみましょう。

車種 MAZDA3 20S PROACTIVECX-30 20S PROACTIVE
2WD(税込)2,515,741円2,612,500円
4WD(税込)2,752,241円2,849,000円
価格差(税込)2WD、4WDとも96,759円

「ヒーテッドドアミラー」、「リアベンチレーター」、「パワーリフト」代で約10万円と考えればまあ〜こんなもんでしょう。

MAZDA3とCX-30の比較 まとめ

今回は MAZDA3とCX-30の比較をザックリしてみましたが、ビジュアルは違ど大きな違いはありませんでした。

CセグメントとクロスオーバーSUVでジャンルは違いますが兄弟みたいなもんですね。

このクオリティで300万円切ってきますからね。
どちらもいい車なので、あとは好みの問題ですね。

カタログでCX-30を見た時は、タイヤ周りの太い樹脂部が気になっていたので MAZDA3に軍配が上がっていたんですが、自分の目で実際に見てみるとそこまで気にならないんですよね〜不思議と。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました