MAZDA3で弘前雪燈篭まつりに行ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第44回弘前雪燈篭まつり(2月8日〜2月11日)

ちょっとアップが遅くなっちゃったけど、2月9日(日)に嫁ちゃんと弘前雪燈篭まつりに行ってきたので記録に残しておこうかな。

青森市内の家を11時くらいに出て、弘前市内に入ったのは12時半くらい。
前の日からランチ場所は決まってたのでまっすぐGO!

今年の弘前は雪が多いと聞いてたけど、本当に多い多い…

「チャイナダイニング ベア」

中華料理のバイキング形式になっていて、エビチリや唐揚げ、焼きそばやチャーハンなどの王道メニューから様々なメニューが揃ってました。
ドリンクバーもついてるので、烏龍茶やコーラ、オレンジジュースなど選び放題。

エビチリをチャーハンに乗っけて食べるの美味しかった〜!
最後は杏仁豆腐とホットコーヒーで締めました。
とても美味しかったです。
御馳走様でした|x・`)

ライトアップに備え下見

時刻はまだ14時。
まだライトアップには時間が早いけど、下見のためダイエットのため散歩するか!って事で弘前城近くの「弘前市立観光館」に駐車。

館内に入ると、弘前さくらまつり公式応援キャラクター「桜ミク」ちゃんと、弘前市キャラクター「たか丸くん」がお出迎え。

お土産売り場をさらっと見て外に出ようと、ふと右を見たら珍しい物を発見!!
昭和の名車「スバル360」ではないか!

なぜ突然スバル360?
って思いましたが、案内板を見ると、弘前市と群馬県太田市は友好都市の関係らしく、富士重工(株)群馬製作所で作られたこの「スバル360」は親善交流の記念として太田市から寄贈されたものと記されてました。
なるほど〜。
見逃す所だったぜ、、、。

もちろん嫁ちゃんは1mmも興味はないので、既に外に出てる。
置いていかれるので駆け足で追いつく。

追手門を潜っていざ城内へ。

途中、実物のたか丸くんと遭遇(笑)
寒いのにお疲れちゃんです!

メイン会場には、旧弘前偕行社(明治40年、陸軍第八師団の厚生施設として建てられた、堀江佐吉設計の最後の建物)が雪像に生まれ変わり、威風堂々と建っていました。

18:00〜20:00まで30分おきにプロジェクションマッピングが投影されるという事で楽しみにしてました。
早く暗くならないかな〜。

スタバで休憩

1時間ちょっと散歩しましたが、吹雪いてきたし、疲れてきたので近くにスタバがあった事を思い出しとりあえず避難。


あったまる〜〜!!
なんだかんだで1時間半くらい休憩したかな。

そうしているうちに外は暗くなり始め、徐々に街灯が点灯し始める。

ライトアップされた冬桜と弘前城

後ろ髪はないけど引かれっぱなしのままスタバを後にし、再度城内を目指す。
明らかに日中と比べると人通りが多いし、三脚一眼レフ持ちの多い事多い事!
皆さん考えている事は同じですね。

追手門を潜る前に、冬に咲く桜を見ることができました。
かなりの人気スポットのため、なかなかベストポディションを取れませんでした、、、。

春に咲く桜はもちろん綺麗ですが、冬にライトアップされた桜もなかなかいいもんですね!
でも、もう少し、左側から撮りたかったんだよね〜><

これが現実さ!さあ〜先に進もう!


所々、道の端がロウソクで照らされていて幻想的でした。
と同時に、大きい声の中国語がガヤガヤと聞こえてくるのでちょっと不安になったりもしました泣。(コロナウィルスの件で、、、)

今や青森県も中国人の主な観光地となってるらしく、ひと昔前にはほとんど聞かなかった中国語を頻繁に聞くようになりました。

今まではインバウンド需要のメリットばかりが目立ってましたが、やはり何事も表裏一体という事ですね。

もう一つの写真スポットに到着!
はい!弘前城です。

何度も見てるはずの弘前城も、ライトアップされるとすごく新鮮でした!
18:00まで時間がないので足早にメイン会場に急ぐ。

着いたと同時くらいにプロジェクションマッピングが始まりました。
感覚的には2〜3分って感じでしたが、なかなか綺麗でしたよ笑。
多くの人でごった返してたけど、なんとか写真に残せて良かったな、、、。

MAZDA3で弘前城「菊と紅葉まつり」に行ってきた
桜で有名な弘前城「弘前桜まつり」で有名な弘前城ですが、秋は「菊と紅葉まつり」が毎年開催されてます。連日ローカルテレビやラジオで紹介されていたの ....... 続く

弘前雪燈篭まつり まとめ

初めての冬の弘前城でしたが、結果来て良かったです。
とは言っても来年また来たい!とは正直思いませんが。
一度は見てみたいと思っていたので、それについては満足って事です。

今までは冬に遠出する事自体なかった(FF車で怖かった)ので、 MAZDA3のお陰ですね。
冬のイベントも怖いもん無しです。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました