MAZDA3にミラー型ドライブレコーダーを自分で取付してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もはやドラレコは必須アイテム

昔から煽り運転っていうのはあったんですが(何回が経験あるし)、ドラレコが普及するにつれ余計に悪質ドライバーが浮き彫りになってきましたね。
ということで今回はドラレコを取り付けていきますよっと。

純正のドラレコでも良かったんですが、値段が5〜6万円(工賃含め)するしミラー型じゃないし、とにかく自分でつけてみたいし、ということでAmazonで購入です。

今回のミッション
1. シガーソケットにポン付ではなく、室内ヒューズBOXから電源をとる。
2. お洒落な空間を損ねない様できる限り配線を見えないように隠す。
3. 夕方から予定があるのでそれまでに終わらせる。(開始時間クソ暑い午後1時半。。。)

今回準備したのは、5Aヒューズ付電源ソケット。
これをアクセサリーヒューズに差し込んでBOX内にうまく隠せればそれほど難しくないミッションだと思っていたわけです。。。この時は。。。

MAZDA3のグローブBOXの外し方

まずはグローブBOXを外します。
左右のポッチを内側に押し込むと上図のようにBOX上部が外れます。

次にダンパーを外します。

最後に下部を外します。
左右2箇所に引っかかってるだけです。

これで完全に外れました。最初にダンパーを外してからの方がやり易いかもしれません。
お好みで!戻す時も焦らずゆっくりやれば難しくないです。

まさかMAZDA3にはACC電源がない?

ここまでは順調です。次はアクセサリー電源を探します。
エンジンOFF状態でヒューズにテスターを当てて光らない(電気がきてない)ヒューズを探します。
およよ??全部光るんだが???

念の為、アクセサリー、イグニションがONになっていない事を確認します。
が、もちろんOFFです。ということは、ここにあるヒューズは全て常時電源ということなのか?
まあ〜そうゆうことですよね笑。まじかっ!
冷静になり、プラン案を考えてみます。

Plan1. エンジンルーム内のヒューズBOX(アクセサリーヒューズ)から電源をとる
Plan2. センターコンソール内シガーソケットの電源ケーブルから直接電気をとる
Plan3. 夕方から予定あるので、今日は諦め別日までに考えをまとめる(作業延期)
Plan4. 既存のシガーソケットにポン付して終わる笑

クソ暑いしPlan3が妥当かな〜と思いつつ、アイスコーヒーを飲みながらスマホで「マツダ3 ドラレコ取付」と検索してると、もう既に取付してる人達がいるじゃないか笑。

この時初めて、日本最大級のクルマSNS「みんカラ」というサイトを知りました。
その情報を頼りに作業を再開します笑。

ヒューズBOX上のカバーを外すと、下図のように白いコネクタが横に2個並んでいます。

今回使うのは右側の大きいコネクタ側の一番左上の白線、この白線にアクセサリー電源がきているようです。純正ドラレコもこの白線から電源をとるみたいな事が書かれていたので安心ですね。
念のためテスターで調べてみても間違いありませんでした。情報ってすげーわ。。。
ありがとうございます!全国のMAZDA3オーナー様!!

電源の分岐はどうしよう?

ここまでくればゴールは見えたも同然なので、気持ち的に余裕が生まれました。
あとはどうやって電源をとるかって事ですね〜。
自分の中では、ギボシにするかエレクトロタップにするかの2択でしたが、確実にハンダ上げする方法や、今はギボシの存在を脅かす接続コネクタなるものがあるそうです。接続コネクタ

便利な世の中になったもんです。
白線の長さにあまり余丁がない感じだったし、ギボシ失敗して長さが足りなくなるのも怖かったのでエレクトロタップ(0.18~0.36sq)を急遽買ってきました。
予めギボシ端子が付いているので便利ですね。

赤のエレクトロタップは、0.5~0.85sq用なので今回の太さのケーブルだと適合外なはずなので注意が必要ですね。

エーモン 電源取出しコネクター DC12V40W以下/DC24V80W以下 1187
エーモン(amon) (2012-05-09)
売り上げランキング: 17,894

ウォーターポンププライヤで確実にカシメます。
次にヒューズ付ソケット側の加工ですが、ヒューズは使えないので思い切って切断しそこにギボシ端子を付けます。

あとは白線(アクセサリー線)に接続して電源をとる事ができました。

アースとソケットの隠し場所

今回購入した電源ソケットには5Aのヒューズも付いてるし、アース線に予めクワガタ端子も付いてるしでとても便利でした。
しかも、ソケットには外れ防止のロック機能もあるので尚安心です。

ソケットは既存のケーブルと一緒に結束バンドで縛りました。
グローブBOXを閉めてもぶつからなかったのでOKです。
アースは下図の他にも取れる場所は何箇所かあったので、お好みでとってください。

全て元に戻す前に、電源を入れ正常に作動するかチェックした方がいいですね。
またやり直すハメになりますから泣。

ドラレコ本体&リアカメラ取付

あとはミラー本体とリアカメラを付けて配線して終わりです。
既存のミラーの上から被せ、付属の2個のゴムバンドで固定して終わりです。が、オーバーヘッドコンソールとの隙間がほとんどないため、ミラーを上向きに調整したい時にぶつかってそれ以上調整できないんです。。。見た目はスッキリしているだけに非常に残念な点であり盲点でした。

フロントカメラ用のケーブルは既に配線済みなので、リアカメラ用のケーブルをリアガラスまで配線していきます。かなりケーブルが長いので適当にまとめて結束バンドで縛ります。

あとは、蛇腹を通すんですが、結構狭いのでかなり苦戦しました、、、泣。

取付位置を決めて付属の両面テープで固定すれば完成です!


お疲れ様でした〜〜!!

MAZDA3にミラー型ドライブレコーダー取付 まとめ

途中アクシデントもありましたが、無事3時間くらいかけて終了です。(microSDカード、エレクトロタップの買い出しも含め)
クソ暑い中めげずによく頑張ったと自分を褒めてやりたいです。
しかし、事前情報は予め仕入れておくことの大切さを改めて知りました。

取付から1週間ほど経ちますが、正常に作動しています。
左右にフリックするとフロント、リアの切り替えもできるし、録画映像もフロント、リア用でフォルダが分けられているしとても便利です。
また、電源OFFにすることで普通のミラーとしても使えるし、夜はリアカメラ映像を映すことで通常ミラーでは見えずらかったものが鮮明に見えるというメリットもあります。

事故を起こさないようにいくら注意しても、防ぎようのないもらい事故もあるわけですから今の時代やはり必須アイテムだと思います。
それではまた!

コメント

  1. […] ラレコの電源取りだしについては過去記事を参考してみてください。MAZDA3にドライブレコーダーを自分で取付してみた④斜め後方が見えづらい車線変更する時、斜め後方を目視しにくい […]

タイトルとURLをコピーしました