MAZDA3 15S Touring(チタニウムフラッシュ)を予約してきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MAZDA3の外観に一目惚れ

本日ついにMAZDA3を予約してきました。
この旅ブログの初記事になりますが、旅にはやはり相棒が必要ですよね。
ただ、納車にはもう少し時間がかかりそうなので、今回は新たな相棒の紹介をしたいと思います。



MAZDA3を知ったのは確か2月頭くらいかな?
たまたまYouTube見てたら海外デビューしたのを知り、その美しさに惚れてしまいました。
寝る前、布団の中で海外YouTuberの方がアップロードしている動画を指を加えて見るのが日課となっていました笑。後方斜め上からのフォルムがすごい好きです!

それから3ヶ月後の5月24日、遂に日本でもデビュー。発売されたばかりなのでディーラー行っても試乗できないだろうな〜と思いつつアポなしで行ってみたら、「試乗できますよ。」との事!
希望してたファストバック(ハッチバック)ではなくセダンタイプだったけどラッキー!
「展示車にファストバックがあるので是非みてください」と言われたので、じっくり見て触ってきました笑。

ところでMAZDA3?ってどんな車?
って思われそうですがアクセラの後継車です。
海外ではもともとMAZDA3という名前で発売されていたらしいです。
今回のモデルからグローバルネームであるMAZDA3に統一したと営業マンがおっしゃっていました。
個人的にはこのデザインに引き込まれたので名前なんてどうでもいいんですが。。。

展示されていたのは、15S Touring AWDファストバックというグレードでタイヤは215/45R18が標準装備になっていて間近で見ると迫力がありました。
2WDと比べると20万円ほど高くはなるんですが、なにせここは雪国青森、命がかかってます笑。
ましてや、今乗ってる日産ノートはFF車。何度雪道にハマったことか。。。何度坂道を登れなかったことか。。。

次乗る車は1000%4WDと決めていたんです。

これ本当に日本車なの?

外観はもちろんですが、実際に運転席に乗るとさらにMAZDAの凄さが分かります。
中の第一印象は静寂感。
うまく説明できませんが、余計なものが一切目に入ってこないからなのか落ちつきを感じました。
そして座った瞬間全体的に包み込まれる感覚を覚えました。


 
また、ハンドルの質感、ウィンカーレバーを動かした時の絶妙な重さや各スイッチ類を押した時の感触、モニターの位置などとにかく細部までこだわってる感が伝わってきました。

ラゲッジルームへはMAZDAエンブレム下のスイッチを押す事でアクセスできます。こういう所がにくいですね。スペースも申し分ありませんでしたし、乗った事ないのに外車っぽいと感じました笑。
MAZDAの回し者でもなんでもないですが、本当にお洒落に仕上がってるな〜というのが正直な感想です。

MAZDA3を試乗した感想

良かったと感じた事


  • 発進がスムーズ
  • アイドリング中はもちろん走行中もエンジン音が静か(ロードノイズがほぼない?)
  • アクティブドライビングディスプレイ(フロントガラスに速度と道路速度標識が一緒に表示)されるのでスピードの出しすぎには気をつけそう※全車標準装備だと聞いた
  • モニターが絶妙の位置にあり目線の行き来がほぼない(運転に集中できる)

悪かったと感じた事


  • Cピラーがめっちゃ太いので斜め後方の視認が難しい
  • ボンネットが長いので旋回の際に感覚が掴みづらい(狭い道での切り返しなど苦労しそう)

という感じです。正直15分程度しか試乗してないので感想はこれくらいです。。。
後方の視認のことを書きましたが、それは後方から接近する車の存在を知らせてくれるブラインド・スポット・モニタリングというシステムが全車種標準装備されているそうです。

試乗が終わってから聞かされました笑。外観、内装どちらも自分の中では完璧だし、試乗した中で1.5Lでも十分だということが分かりました。

MAZDA3(15S Touring)の肝心な値段は?

ファストバック
全長×全幅×全高 : 4,460×1,795×1,440mm
ホイールベース  : 2,725mm
車両重量 : 1,340〜1,470kg
注文車両
MAZDA3 FAST BACK 15S Touring / SKYACTIVE-G 1.5L + AWD + 6E
車種
チタニウムフラッシュマイカ(茶色?)

※よくマイカとかパールとか聞くけど、マイカっていうのは真珠のような輝きを出す為に光を反射・透過する石の雲母(うんも、マイカ)片を加えたもの。

パールは、マイカと基本的には同じらしく各メーカが独自性を持たせるために呼び名を変えているだけなんだそうです。この年まで聞いたことはあったけど気にもしてなかったです笑。

車両本体価格
2,506,080万円
諸費用・税金・リサイクル等
258,319万円
付属品
16インチ(スタッドレスタイヤ) : 171,573円
エンジンスターター : 66,096円
アクリルバイザー : 28,296円
ETC車載器 : 32,723円
純正フロアマット : 33,264円
合計 : 331,952円
トータル
合計3,096,351円になりました。
ほぼ無価値の日産ノートを下取りにし、値引きをしてもらってジャスト3,000,000円で購入です。なかなか値引き交渉は難しくもう少し粘りたかったですが、最近のマツダは値引きしないで有名との噂は聞いていたのでこの辺りが妥当なんだろうと。

MAZDA3 15S Touring(チタニウムフラッシュ)予約 まとめ

実はこの日、トヨタカローラスポーツも試乗してみたんですよ。
世界のTOYOTAだから安心・安全だとは思うし、走りも正直言ってMAZDA3との違いはあまり感じませんでした。

内装もピンクのステッチもオシャレだったし、ナビもデカかったし、運転支援システムもなかなかだったしでいい車でした。ただ、どちらかというとターゲットは若い方のような感じがしました。
いい車だけど自分の中では圧倒的にMAZDA3に乗りたい!って改めて思ったんですよね。インプレッサも一度試乗したいなあ〜とも思ってたんですが、多分心動かされることもないだろうなと思いやめました。。。

納車は5月中の契約で8月中にはなんとか間に合うかどうかとの事で、6月に入っちゃうと9月にずれ込むだろうという事でした。なので一度家に戻り、認め印を持ってこの日のうちに契約までしました笑
車庫証明やら印鑑証明などの手続きは、納車が近づいてから改めて打ち合わせしましょうとのことで本日の任務は終了です。
新たな相棒が来るまでしばらくありますが首を長くして待っていようと思います。それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました